1. ホーム
  2. 【即発送可能】 【国内正規品】 オークリー ゴーグル 70932700 Line Miner XM プリズム OO7093-2700 OAKLEY 【送料無料(※北海道・沖縄は1,000円)】 豪華





【即発送可能】 【国内正規品】 オークリー ゴーグル 70932700 Line Miner XM プリズム OO7093-2700 OAKLEY 【送料無料(※北海道・沖縄は1,000円)】 豪華



1.ふるさと納税専用ページです。注文内容確認画面に表示される注文者情報を住民票情報とみなします 1.理解した 2.理解しない 2.寄付金の用途を選択 1.生活環境の整備に関する事業 2.産業の振興に関する事業 3.保健医療福祉の充実に関する事業 4.教育·文化·の振興に関わる事業 5..地域まちづくり協働事業 6.指定しません 3.寄附金税額控除に係る申告特例申請書(ワンストップ申請)は寄付者様全員にお送りいたします。 1.理解した 2.理解しない





?ふるさと納税よくある質問はこちら
?寄附申込みのキャンセル、返礼品の変更?返品はできません。あらかじめご了承ください。

魚を知りつくした魚作の無添加さんまの燻製。
「素材を吟味し、仕入れた素材に最善の作業を行い、干物を食べていただいたお客様に喜んでもらうこと」が当店のこだわりです。
サイズは小ぶりな2日干しで仕上げた「さんま丸干し」を熊野の桜で燻しています。
熱源は炭を使用し、燻製庫内を約80度で管理する温燻で仕上げています。
この製法は奥深く味わいのある仕上がりとなり、旨味が凝縮した味わいになります。
日本酒、ビールやワインなどのお酒におすすめの珍味です。
もちろんご飯のお供やお茶漬けも最高です。
食べやすい大きさにハサミでカットし、そのまま焼かずにお召し上がりください。
丸干し同様、内臓のコクと桜のスモークの薫りをお楽しみください。
【美味しい食べ方】1cmから1.5cmのカットで、充分風味と味わいが楽しめます。内臓がある部分は約1cmで身だけの部分であれば約1.5cmから2cmを目安にカットしてください。調理せずそのまま2cm間隔に切ってお召し上がりください。
煙で燻すことにより、今までにない食感や風味を楽しめる製法にしています。
◎熊野ブランド認定商品

【商品内容】
燻銀さんま 真空個包装 1本入り×18袋
製造:有限会社魚作商店 創業大正9年

【賞味期限】
製造後 約2ケ月また、10℃以下の冷蔵庫であれば150日くらいは大丈夫です。

【特記事項】
直射日光を避け涼しい場所へ保存してください。

【原材料】
さんま、食塩







「ふるさと納税」寄付金は、下記の事業を推進する資金として活用してまいります。
寄付を希望される皆さまの想いでお選びください。

(1)生活環境の整備に関する事業
(2)産業の振興に関する事業
(3)保健?医療?福祉の充実に関する事業
(4)教育?文化の振興に関する事業
(5)地域まちづくり協動事業
(6)指定しません(活用先は市で決定させていただきます。)

特徴のご希望がなければ、市政全般に活用いたします。





入金確認後、注文内容確認画面の【注文者情報】に記載の住所にお送りいたします。
発送の時期は、寄附確認後2ヵ月以内をを目途に、お礼の特産品とは別にお送りいたします。





wellbeing matters

人道支援実践家/臨床心理士
森光玲雄 - reo morimitsu

魚介類·水産加工品-食品-困難や危機に直面し圧倒されても、
変化をやがて豊かな自己知につなげていける
社会の実現を目ざして


scroll

「病気」「不安」「差別」という “3つの感染症” 概念を考案し、
感染拡大の初期からウイルスがもたらす心理・社会的影響について、様々な媒体を通じて情報発信を行っています。

【ふるさと納税】ご好評にお答えして大容量でお届けします·【燻(いぶし)銀さんま18本】1本入り×18p人から人へと広まっていく、もしかしたら、ウイルスよりも恐ろしいものとは?そして、わたしたちができることとは?
森光玲雄/reo morimitsu

青年期に事故で祖父と友人を亡くし、大学時代にはアメリカで9.11テロに遭遇。喪失体験と困難の渦中で周囲の「人」に救われた経験から、卒業後は赤十字の災害・人道支援活動に引き寄せられるように取り組む。東日本大震災をはじめ、国内外の災害・紛争の現場で緊急時の心理社会的支援(心のケア活動)に従事。2013年日本人臨床心理士として初めて、国際赤十字・赤新月社連盟心理社会センター(コペンハーゲン)の心のケア登録専門家を拝命。
2017年より日本財団国際フェロー6期生に選出され、2年間、アメリカとイギリスにて人道支援学と災害心理学を学ぶ。帰国後は災害心理学の普及や緊急時の心のケアに関する支援者育成に取り組むとともに、「支援者であり当事者の一人」との立場から、逆境に立たされたときの人の心のしなやかさを広く伝えるべく、ライフワークとしての講演活動(エンパワーの恩返し)を行っている。